キヤノン、次世代フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を開発発表

キヤノン、次世代フルサイズミラーレスカメラ「EOS R5」を開発発表

キヤノンは、EOS Rシステムの最新型「EOS R5」の開発発表を行いました。EOS R5は、電子シャッターで最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約12コマ/秒の連写性能の実現や、8K動画の撮影に対応。キヤノン初となるボディ内手振れ補正や、新たにデュアルスロットを搭載しています。また、スペシャルサイト内の画像では本体背面にマルチコントローラーが確認できます。2020年内の発売予定。2月27日から開催のCP+で参考出展予定。

また、そのほかには望遠ズームレンズ「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」やRFマウント用のエクステンダー、4月中旬発売予定の標準ズームレンズ「RF24-105mm F4-7.1 IS STM」なども発表しています。

関連サイト
EOS R5スペシャルサイト(キヤノン)

関連商品

DIGINON.NETは、デジタル製品、コンピュータグラフィックス、高知県の情報を中心に紹介するニュースブログです。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。