JR四国、新型特急「2600系」営業運転1番列車乗車ツアーを発売

JR四国、新型特急「2600系」営業運転1番列車乗車ツアーを発売

JR四国は特急気動車の新型車両2600系の「営業運転1番列車乗車ツアー」を8月11日実施します。ツアーでは、高徳線を舞台に2600系営業運転1番列車として上下各1団の貸切運転を実施。車内では特別な記念グッズも用意されるとのこと。2600系は2000系特急形気動車の置換え用として開発された約30年振りとなる新型車両で、8月11日が最初の営業運転となります。発売はJR四国ツアーのWebサイトから7月3日(月)10時から申し込み開始。最小催行人員は各団50名で、お一人4,980円です。

なお、翌日8月12日から15日までは阿波踊り開催に伴う臨時列車として運行されます。
阿波踊り1号 高松駅14:42発 → 徳島駅16:11着 停車駅:栗林駅、志度駅、三本松駅、引田駅
阿波踊り2号 徳島駅21:24発 → 高松駅23:07着 停車駅:引田駅、三本松駅、志度駅、栗林駅

情報元・関連サイト

プレスリリース*PDF(JR四国)
JR四国2600系 営業運転1番列車乗車ツアー(JR四国ツアー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック