キヤノン、6月下旬からEOS 5D4のC-Log対応アップグレードを開始

 

20160825_001.jpg

キヤノンは、日本国内でのEOS 5D Mark IVにC-logを追加する有償アップグレードの受付を6月下旬より開始します。

Canon Logは、ポストプロダクション処理を前提とした自由な画づくりが行える記録方式で、ワイドダイナミックレンジが特長。コントラストとシャープネスを抑えることで黒つぶれや白トビが少なく、暗部からハイライトまで幅広い映像情報を記録。Canon Logを使用することで、広いダイナミックレンジを活かした映像制作が可能。またビューアシスト機能により、コントラストが低く記録されたCanon Logの実際の画像を、カラーグレーディング後の画づくりに近い画像特性で液晶モニターに表示できるとのこと。

料金は10,000円(税別)で、依頼方法は持ち込みか、らくらく修理便(引き取りサービス)。預かり期間は持ち込みが当日、引き取りサービスが1週間~10日程度としています。

情報元・関連サイト

Canon Log対応へ、有償アップグレード(キヤノン)
CANON LOG TECHNICAL SITE(キヤノン)

関連商品

コメント


この記事へのトラックバック

ソーシャルメディア