キヤノン、プロ・ハイアマチュア向けの望遠ズームレンズ2機種を発売

キヤノンは、EFレンズの望遠ズームレンズ「EF70-200mm F2.8L IS III USM」「EF70-200mm F4L IS II USM」の2機種を発表しました。

EF70-200mm F2.8L IS III USM

EF70-200mm F2.8L IS III USMは、コーティングの見直しによるマイナーチェンジにとどまっているようです。2018年9月中旬発売予定で、価格は30万円(税別)。

 

EF70-200mm F2.8L IS III USM

EF70-200mm F4L IS II USMは、同じくコーティングの見直しのほかに、EFレンズ初となる5段分の手ブレ補正や、流し撮りモードへの対応、最短撮影距離が1.2mから1.0mへと短縮されるなど、使い勝手は向上している模様。また、フィルター径は67mmから72mmへ、絞りは8枚羽根から9枚羽根へと変更となっています。三脚座は従来通り別売りです。2018年6月28日(木)発売で、18万5,000円(税別)。

どちらも既に予約販売がスタートしており、キヤノン公式オンラインショップでは、8月31日(金)までキヤノンロゴ入りSDカードケース(牛革)や、ハクバのブロアーなどが付いてくる特別セットが販売されています。

2機種とも光学系は従来通りですが、キヤノンの中でも定評のあるレンズだけに、コーティングの改善による画質の向上に期待したい所です。

情報元:ニュースリリース(キヤノン)

投稿者: DIGINON.NET

DIGINON.NETは、デジタル製品、コンピュータグラフィックス、高知県の情報を中心に紹介するニュースブログです。