アップル WWDC 2018、iOS 12やmacOS「Mojave」を発表

アップルは、「WWDC 2018」にて、iOS 12やwatchOS 5、macOS「Mojave(モハーヴェ)」といったソフトウェアを発表しました。

iOS 12では、古い機種の速度向上に焦点が当てられているようで、iPhone 6s世代でアプリ起動が最高40%、キーボード表示が50%、カメラ起動が70%も高速化。iOS 11に対応している端末で利用できるとのことで、iPhone 5sから利用できます。(これで私のiPhone 6sもまだまだ現役でいけるかな?)

watchOS 5ではワークアウトに自動検知に対応。Siriの呼び出しにも「Hey Siri」と口に出す必要がなくなり、手首を上げるだけでSiriが起動できるようになります。また、トランシーバーとして使える「ウォーキートーキ」が追加され、付近にいる人とApple Watchでボタンを押している間だけ会話ができる機能が搭載されるとのこと。

次期macOSは、名称が「Mojave(モハーヴェ)」となり、ダークモードを搭載をはじめ、スクリーンショットやデスクトップスタック等々の新機能が多数追加されています。

なお、事前の噂がありながらも淡い期待を頂いていたハードウェア関連の発表はやはりありませんでした。

情報元:WWDC 2018(Apple)

投稿者: DIGINON.NET

DIGINON.NETは、デジタル製品、コンピュータグラフィックス、高知県の情報を中心に紹介するニュースブログです。